解析診断プロセス

見出しボーダー

あまり知られていない赤外線調査の解析

赤外線調査の解析は、赤外線画像の「色」だけを見ているわけではありません。実は、色の裏にある「温度」も併せて見ているのです。
あまり知られていない赤外線調査の解析診断プロセスについて、色と温度の関係を解説するとともに、3つの事例をご紹介します。

 
色と温度イメージ
色と温度
色の裏に温度値あり

色へ目が行きがちになる赤外線画像ですが、その色の元となるのは、
マトリックス(行列)上に並んだ「温度分布データ」です。
赤外線サーモグラフィで検出した赤外線は温度値に変換され
「温度分布データ」としてマトリックス状に並びます。

カラーパレットと温度スケールで温度値をビジュアル化
カラーパレットと温度スケールで温度値をビジュアル化イメージ

温度値(数字)が並んだ「温度分布データ」。
「赤外線画像」として表示するには、「色」と「温度」の基準が必要です。
温度の高低を示す「温度スケール」と配色ルールとなる
「カラーパレット」があることで、温度分布データは赤外線画像としてビジュアル化されます。

カラーパレットが変わると

カラーパレットには、温度分布の傾向や温度差異を把握する役割があります。色の並びが変わることで、赤外線画像の表示も変化します。異常箇所の温度分布は、異常の種類、調査対象の材料や構成、測定時の環境などによって異なります。
MEDECでは、様々な要因で異なる温度分布を抽出するために、独自の配色設計によるカラーパレットを目的によって使い分けています。

カラーパレットが変わるとイメージ
温度スケールが変わると

温度スケールの尺度や着目する温度域を変えることで、発生している異常の形状や症状度合を把握することができます。
異常箇所の温度分布は、症状度合や形状変位により「微細な温度差異」が発生します。そのため、温度スケールを変えることで
相対的かつ段階的に実態を把握することができます。

温度スケールが変わるとイメージ
page-top
 
触ってわかる解析診断プロセス

実際の赤外線画像ともとに、カラーパレットと温度スケールの操作による解析・診断プロセスを見てみましょう。
※解析診断プロセスを分かりやすくお伝えするため、詳細部分を省いて表現しています。あらかじめご了承ください。

操作のヒント

で点滅している箇所をクリックしてください。
解析画像上にマウスを当てることで、診断結果の補足説明をご覧いただけます。

page-top
 
コンクリート亀裂
  • 可視画像
  • コンクリート亀裂(可視画像)
  • 赤外線画像
  • コンクリート亀裂(赤外線画像)

    同じ場所を、赤外線サーモグラフィーで測定したときの赤外線画像です。
    症状を診断するために、解析を行う必要があります。

    着目している温度域
    カラーパレット
  • 解析画像
  • 点滅表示
    コンクリート亀裂(解析画像)

    解析を行うために、MEDECのオリジナルのカラーパレット(エキスフィルター)に変更しました。
    これにより、異常な温度分布があることが分かります。この異常な温度分布が何を意味するのか温度スケールを操作することで、着目する温度域の位置を変えてみます。

    着目している温度域
    カラーパレット

    ボタン

    点滅表示

    スケール説明

page-top
 
外壁タイル剥離
  • 可視画像
  • 外壁タイル剥離(可視画像)
  • 赤外線画像
  • 外壁タイル剥離(赤外線画像)

    同じ場所を、赤外線サーモグラフィーで測定したときの赤外線画像です。
    症状を診断するために、解析を行う必要があります。

    着目している温度域
    カラーパレット
  • 解析画像
  • 点滅表示
    外壁タイル剥離(解析画像)

    解析を行うために、MEDECのオリジナルのカラーパレット(エキスフィルター)に変更しました。
    これにより、タイルの接着強度低下があることが分かります。
    このタイルの接着強度の低下範囲がどういった状態なのか。温度スケールを操作することで、着目する温度域の位置を考えてみます。

    着目している温度域
    カラーパレット

    ボタン

    点滅表示

    スケール説明

page-top
 
漏水原因
  • 可視画像
  • 漏水原因(可視画像)
  • 赤外線画像
  • 漏水原因(赤外線画像)

    同じ場所を、赤外線サーモグラフィーで測定したときの赤外線画像です。
    症状を診断するために、解析を行う必要があります。

    着目している温度域
    カラーパレット
  • 解析画像
  • 点滅表示
    漏水原因(解析画像)

    解析を行うために、MEDECのオリジナルカラーパレット(エキスフィルター)に変更しました。
    これにより、隠れた亀裂へ水分が含浸していることが分かります。この水分がどこに向かっているのか。温度スケールを操作することで、着目する温度域の位置を変えてみます。

    着目している温度域
    カラーパレット

    ボタン

    点滅表示

    スケール説明

page-top