ソリューション

ボーダー

赤外線調査「老朽化した構造物のへの活用」

ファシリティマネジメントの取組に
建造物の実態にあったマネジメントを行うために

赤外線調査を実施することで、構造物の劣化状況を把握できます。
また、長期修繕計画の策定時や見直し時に調査結果を反映させることで、構造物の実態にあった
マネジメントが可能になります。

維持保全に

・調査結果に基づいて、対処箇所の絞り込みが可能になります。さらに、コストの削減、維持保全業務の
 効率化にもつながります。
・修繕工事の優先順位を検討する際の客観的なデータとして活用することができます。

長寿命化の推進に

構造物のメンテナンスサイクルに赤外線調査を組み込むことで、劣化が進行する前に適切な対策を行えます。
また、定期的に赤外線調査を行うことで、経年による劣化の進行具合を把握できます。

ファシリティマネジメントの取組にイメージ
詳細検査前のスクリーニング(一時検査)目的に

赤外線調査をスクリーニング(一時検査)目的に利用していただくことで、効率よく詳細検査を行えます。
非破壊検査は様々な方法があり、それぞれ得意・不得意があります。
複数の調査(検査)方法をうまくミックスすることで、より適切な対処方法を導き出せます。

詳細検査前のスクリーニング(一時検査)目的にイメージ
page-top