ソリューション

ボーダー

赤外線調査「建設時での活用」

建設時から完成・引越し前後に赤外線調査を活用していただけます。
建設時のご利用例
建設時のご利用例
page-top
 
潜在的な施工トラブルのチェックに

目視だけでは見つけられない潜在的な施工トラブル。
赤外線調査を活用することで、隠れた異常箇所を検出できます。
構造物に潜在する問題を早めに対処することで、経年後のトラブルを減らせます。

施工トラブル対処後の改善状況チェックに

施工トラブルに対する対処工事。
目で見えないところの改善状況を確認することは非常に困難です。
赤外線調査を活用することで、対処工事後、構造物に発生した異常が改善されているかを確認できます。

懸念箇所の経年チェックに

引渡し前に実施した赤外線調査で、懸念箇所が見つかった場合。引渡し後の1年目、
2年目検査などに、赤外線調査を活用することで、懸念箇所の状態を確認できます。
また引渡し前の調査データと比較することで、その後の対処方法も検討できます。

page-top