• 構造物のファシマリティマネジメントに赤外線調査が効果を発揮します
  • 赤外線技術のパイオニアとしてMEDECが目指す先
  • 先進的かつハイレベルな赤外線技術赤外線技術をより使える技術に
  • ソリューションプロバイダMEDECだからできること
  • 建築から都市インフラにかけてあらゆる建造物の異常をみつけています

赤外線サーモグラフィを使った調査のメリットは
「非破壊・非接触」「効率の良さ」
「信頼性の高さ」赤外線調査で分かること、
活用方法、しくみをご説明します。

1984年、赤外線による建物調査を初めて実用化したのはMEDEC(旧 企画室メデック データ処理センター)です。赤外線解析技術のパイオニアとして、30年間以上の実績とノウハウを蓄積してきました。